往診,杉並区,世田谷区,渋谷区,新宿区,中野区,東京,訪問医療,整形外科,訪問リハビリ,リハビリ,訪問診療,腰痛,膝痛訪問介護,休日,夜間,早朝

Q&A

Q:在宅医療とは何ですか?

A:

患者さまのご自宅で医療を行うことです。医師がご自宅にお伺いする訪問診療、訪問看護ステーションなどの看護師がお伺いする訪問看護、理学療法士・作業療法士がお伺いし行う訪問リハビリテーション、歯科医師がお伺いし行う歯科診療などがあります。

Q:往診と訪問診療はどう違うのですか?

A:

往診とは患者さまの求めに応じて、患者さまの急変時に緊急で訪問し診察を行うことを指します。これに対し、訪問診療とは通院が困難な方や寝たきりの方のご自宅を定期的に訪問し診療を行うことを指します。また、全身状態の診察を基本として、治療・薬の処方・療養上のアドバイスなどをさせていただくものです。

Q:初めてでも、緊急往診してくれますか?

A:

患者さまの症状により、初めての方でも往診いたします。ただし、一刻を争う緊急時には救急車を要請してください。

Q:訪問日時の指定はできないのですか?

A:

あらかじめご相談の上、訪問日時を決定いたします。原則的には定期的にお伺いいたしますが、ご容態により予定を変更することもございます。往診日の前日に確認のお電話をさせていただきます。訪問予定時刻は目安です。交通事情により前後する場合がございます。

Q:緊急時にはどうすればよいですか?

A:

急に体調を崩された場合は、まず明大前アットホーム整形リハビリクリニックにお電話をください。 医師が対応いたします。
休日・夜間・早朝の場合は緊急連絡先にお電話をください。医師に電話がつながります。電話対応、または必要に応じて緊急往診もいたします。
しかし、移動などに時間がかかることがあります。命にかかわる緊急時は、119番連絡をしてください。

Q:支払い方法はどうすればよいですか?

A:

医療費(訪問看護・訪問リハビリテーション含む)は月末締めとなります。銀行または郵便局での自動引き落としをお勧めしています。請求書は翌月10日前後に郵送します。銀行や郵便局引き落としをご希望の方は、手続きに1〜2ヶ月かかります。手続きが終了するまでは、振込用紙を同封させていただきます。